架空の宣伝費で1900万円脱税か 医療機器販売の元社長 追起訴

架空の広告宣伝費を計上するなどの手口で3700万円を脱税したとして起訴された、医療機器販売会社の元社長がみずからが実質的に運営していた医療法人でも1900万円を脱税したとして、東京地検特捜部に追起訴されました。

追起訴されたのは東京の医療機器販売会社「コダマメディカル」の元社長で台東区で医療法人「エイール会」を実質的に運営していた小玉高明被告(65)ら2人です。

東京地検特捜部によりますと、小玉元社長はおととしまでの3年間に架空の広告宣伝費を計上するなどの手口で医療法人の所得およそ8500万円を隠し、1900万円を脱税したとして法人税法違反の罪に問われています。

小玉元社長は同じ手口で「コダマメディカル」の所得を隠した疑いで先月逮捕され、3700万円を脱税した罪でも起訴されています。

特捜部は小玉元社長らの認否を明らかにしていません。