デジタル庁発足へ来年度予算案に3000億円程度一括計上の方向

政府は、来年9月の発足を目指すデジタル庁に情報システム関係の予算を一括計上して、運用経費の削減を図りたい考えで、発足に先立って、来年度・令和3年度予算案では3000億円程度を内閣官房に一括計上する方向で調整しています。

政府は、情報システムに関係する予算について、来年9月の発足を目指すデジタル庁に一括計上し、各府省に配分する仕組みを段階的に整えるとともに、システムの統合を図ることで、運用経費などを令和7年までに3割削減する方針を示しています。

来年度・令和3年度予算案の編成に向けて、政府は、各府省の概算要求に盛り込まれたおよそ8000億円の関係経費のうち、3000億円程度を、デジタル庁の発足に先立って法案準備室が設けられた内閣官房に一括計上する方向で調整しています。

また、予算編成の過程では、内閣官房と財務省が連携し、システムの統合に適さない事業が含まれていないか精査することにしています。

政府としては、デジタル庁の発足を前に、関係予算を一括計上することで、システムの円滑な統合などにつなげたい考えです。