五輪延期 来年3祝日が移動 開会式前後4連休 閉会式前後3連休に

東京オリンピックによる交通機関の混雑緩和のため、来年に限って3つの祝日を移動させる改正法が、27日の参議院本会議で可決・成立しました。開会式の前後が4連休になるほか、閉会式前後も3連休になります。

来年の東京オリンピックによる交通機関の混雑緩和のため3つの祝日を移動させる改正法は、27日の参議院本会議で自民・公明両党や立憲民主党などの賛成多数で可決・成立しました。

改正法では、東京オリンピック・パラリンピックが来年に延期されたことを受けて、来年に限って、
▽オリンピックの開会式前日の7月22日に「海の日」を、
▽開会式当日の23日に「スポーツの日」を、
そして、
▽閉会式当日の8月8日に「山の日」をそれぞれ移動させるとしています。

これによって、来年は、7月23日のオリンピックの開会式の前後が4連休になるほか、8月8日の閉会式の前後も3連休になります。

また、大会の開催準備の司令塔的な組織として政府が設置している、総理大臣が本部長を務める推進本部について、設置期限が来年度末まで1年延長されました。