北海道 新型コロナ 1日で最多の9人死亡 252人感染確認

感染が拡大している北海道では、27日合わせて9人の死亡が発表され、1日に発表された人数として最も多くなりました。

新たな感染確認は252人と2日連続で250人を超えました。

札幌市は、これまでに感染が確認されていたいずれも市内に住む、70代の男女2人、80代の男女3人、90代の男性2人が26日に亡くなったと発表しました。

また旭川市でもこれまでに感染が確認されていた市内に住む、性別と年代が非公表の1人の死亡と、道内に住む80代の男性の死亡が発表されました。

道内で、27日、死亡が発表されたのは合わせて9人となり、ことし5月1日の8人を上回り、1日に発表された人数として最も多くなりました。

また、札幌市では市内に住む134人と、居住地が非公表の8人の、合わせて142人の感染が確認されました。

このほか、道内では、旭川市で、31人の感染が確認されたほか、空知地方の25人、石狩地方の15人、十勝地方の13人、小樽市の9人、函館市の5人、胆振地方の3人、渡島地方の2人、上川地方の2人、釧路地方の2人、後志地方の1人、留萌地方の1人、宗谷地方の1人、合わせて110人の感染が確認されました。

これで、道内の感染者は札幌市の延べ5532人を含む延べ8274人となり、このうち死亡した人は、180人となりました。