学術会議 井上科学技術相 “政府から独立した組織も含め検討”

日本学術会議の在り方をめぐり、井上科学技術担当大臣は、学術会議の梶田会長と面会し、政府から独立した組織にすることも含め、検討する必要があるという考えを示しました。

日本学術会議は、提言機能など、会議の在り方を検討し、年末をめどに政府に報告することにしていて、所管する井上科学技術担当大臣は、検討状況などについて説明を受けるため、学術会議の梶田会長と面会しました。

このあと、井上大臣は記者団に対し、「ナショナルアカデミーとしての役割を果たすため、どのような組織の在り方がいいのかを話した。私からは、国の機関からの切り離しについても検討していくべきではないかと意見を申し上げた」と述べ、政府から独立した組織にすることも含め、検討する必要があるという考えを示しました。

そのうえで、井上大臣は、「学術会議からは、『幅広い選択肢の中でいろいろ考えていく』ということだった。私の意見も受け止めてもらったと思う」と述べました。