官房長官「受け入れられない」中国 外相の“偽装漁船”発言

中国の王毅外相が、沖縄県の尖閣諸島周辺海域の情勢に関連して、「偽装した漁船が入っている」などと述べたことに対し、加藤官房長官は、中国側の独自の立場に基づく発言で、日本政府として、全く受け入れられないという考えを示しました。

中国の王毅外相は、25日、菅総理大臣と会談したあと、記者団に対し、沖縄県の尖閣諸島周辺海域の情勢に関連して、「偽装した漁船が繰り返し敏感な海域に入っている。このような船を入れないようにすることが大事だ」などと述べました。

これに対し、加藤官房長官は、午後の記者会見で、「発言は、中国側独自の立場に基づくものであり、日本政府としては、全く受け入れられないものだ」と述べました。

そのうえで、「尖閣諸島は、歴史的にも国際法上も疑いのない日本固有の領土であり、現に、有効に支配している。領有権の問題は、そもそも存在していないものであり、日本の漁船が法令にのっとって活動することは何ら問題ない」と述べました。

そして、「引き続き、国民の生命、財産、日本の領土、領海、領空を断固として守り抜くとの方針のもと、関係省庁で連携し、国際法や国内法にのっとって、冷静かつ、きぜんと対応していきたい」と述べました。