皇室の公務の負担軽減で「皇女」を検討 政府

皇室の公務の負担を軽減するため、政府内では、結婚で皇室を離れた女性皇族に「皇女」という呼称で国家公務員として公務を続けてもらう案が出ていて、今後、慎重に検討することにしています。

安定的な皇位継承の確保や皇族数の減少などの課題をめぐり、政府は、速やかな検討を求める国会の要請を踏まえ、今後、議論を進める方針です。

加藤官房長官は24日、「女性皇族の婚姻などによる皇族数の減少については、皇族方のご年齢からしても、先延ばしすることはできない、重要な課題だ」と述べました。

皇室の公務の負担を軽減するため、政府内では、結婚で皇室を離れた女性皇族に、「皇女」という呼称で、国家公務員として公務を続けてもらう案が出ています。

政府は、こうした課題を静かな環境のもとで議論したいとしていて、女性皇族が結婚後も皇室にとどまる「女性宮家」の創設なども含め、今後慎重に検討することにしています。