“ル・マン”に水素カー部門 進むか “脱ガソリン”の技術革新

“ル・マン”に水素カー部門 進むか “脱ガソリン”の技術革新
地球温暖化対策の強化に向け世界各国でガソリン車などの新車販売を将来、禁止する計画が相次いで打ち出される中、世界3大レースの1つとされる「ル・マン24時間レース」が究極のエコカーとも呼ばれる水素カーのレースを新たに設けることを決めていて、次世代のエネルギーとして注目される水素の技術革新が進むと期待されています。
水素レーシングカーの開発プロジェクトを進めているのは、フランスの耐久レース「ル・マン24時間レース」を主催する団体で、エネルギー大手の「トタル」や大手タイヤメーカー「ミシュラン」などが協力しています。

おととしから開発が始まったレーシングカーの2代目となる試作車が今月、フランス中部のレース場で報道陣に公開されました。

レーシングカーは水素を使う燃料電池で4つのモーターに電気を供給し走ります。

走行時に、水蒸気しか出さないため究極のエコカーとも呼ばれ、最高速度は時速300キロ以上、3秒ほどで時速100キロまで加速します。

また、水素を2分から4分で供給できる移動式のスタンドも披露され、充電に時間がかかる電気自動車に比べて、短時間で燃料を供給できるとアピールしていました。

プロジェクトでは2024年に「ル・マン24時間レース」に水素部門を創設することを目指しています。

プロジェクトで技術革新を担当するベルナー・ニクロさんは「水素や燃料電池はまだまだ進歩が必要な若い技術だ。開発を早く進めるためには競争がベストだ」と話していて、レースを通じて次世代のエネルギーとして期待される水素の技術革新につなげたいねらいです。

公開された試作車 その性能は

水素レーシングカーの試作車は、2人乗りで全長4メートル71センチ、幅1メートル97センチ。

水素を使う燃料電池が4つのモーターに電気を供給します。

最高出力は653馬力。

最高速度は300キロを超えます。

通常のレーシングカーのような爆音はありません。

モーターで急激に加速しますが、走行中聞こえるのは激しく風を切る音と発電のために外気を取り込む圧縮機の音です。

積まれているのは、700気圧に圧縮された水素を貯蔵できるタンクで、この気圧で水素を積めば、ガソリン車と同様に最大で40分程度、レースで走行できます。

ただ移動式の水素スタンドで700気圧で水素を補給しようとすると時間がかかるため、現在は、半分程度の気圧で2分から4分で補給しています。

水素スタンドの開発担当者は「目標は2024年にはル・マン24時間レースを走る車に2分以内で必要な水素を補給できるようになることだ」と話していて、こうした技術は、今後、水素を使う一般の燃料電池車が利用する水素ステーションの開発にも役に立つとしています。

世界で広がる“脱ガソリン車”の動き

世界では地球温暖化対策を強化するためとしてガソリン車やディーゼル車の新車販売を将来、禁止する計画を打ち出す動きが相次いでいます。

このうちイギリス政府は今月17日、ガソリン車やディーゼル車について、2030年までに新車の販売を禁止すると発表しました。

また、カナダのケベック州も16日、ガソリン車の新車販売を2035年から禁止すると発表しました。

このほかアメリカのカリフォルニア州が2035年までに、フランスが2040年までにガソリン車などの新車販売を禁止するとしているほか、世界最大の自動車市場の中国では2035年をめどにすべての新車を電気自動車などにするという工程表を専門家の団体がまとめています。

水素を使った輸送 普及の可能性は

IEA=国際エネルギー機関は去年、発表したリポートで水素について、各国政府やビジネス界で利用拡大に向けた機運が、かつてなく高まっているとしています。

その1つが輸送分野です。

ガソリン車に代わる輸送手段としては世界的に電気自動車の普及が進んでいますが、大型のトラックや長距離の走行にはより大きなバッテリーが必要で充電に時間がかかることが課題です。

これに対し、水素で発電しながら走行する燃料電池車には、水素の補給が短時間でできることが大きなメリットになっています。

燃料電池バスの実証実験も各国で行われています。

またドイツでは、燃料電池で動く電車が一部の路線ですでに営業運転を始めています。

さらにヨーロッパの大手航空機メーカーエアバスは、2035年までに水素を燃料にする航空機を開発すると発表するなど空や陸、海の輸送での応用も進められています。

一方で課題もあります。

水素を供給するステーションの建設には多額の投資が必要で、電気自動車の充電施設に比べて普及は進んでいません。

IEAなどがことし10月に発表した報告書では世界各国で導入された燃料電池車は2万5000台以上、水素ステーションは470か所にとどまっています。

また、現時点で水素はほとんどが化石燃料から製造されていて風力や太陽光といった再生可能エネルギーを利用して水素を作るなど製造過程での二酸化炭素の排出を減らしていくことも大きな課題となっています。