FDA トランプ大統領も使用の抗体医薬 緊急の使用許可

アメリカの製薬会社が開発中で、トランプ大統領が新型コロナウイルスに感染した際にも使われた抗体医薬について、FDA=アメリカ食品医薬品局は、症状が悪化するリスクの高い患者に一定の効果が見られるとして、緊急の使用許可を出しました。

FDAは21日、アメリカの製薬会社リジェネロンが新型コロナウイルスの治療薬として開発中の2種類の抗体医薬を組み合わせた治療について、緊急の使用許可を出したと発表しました。

使用できるのは12歳以上、体重40キロ以上で、重症化のリスクが高い新型コロナウイルスの患者です。

抗体医薬は、体内の異物を排除する抗体と呼ばれる物質を人工的に作り出し、薬として患者に投与するものです。

FDAによりますと、この2種類の抗体医薬を組み合わせた治療では、症状が悪化するリスクの高い患者に投与された場合、入院や救急治療を受ける割合が低下する効果が見られたということです。

こうしたことから、FDAはリジェネロンの抗体医薬治療について、リスクを上回る効果があるとしています。

一方、すでに入院している患者や人工呼吸器が必要な患者などに対しては効果が示されておらず、症状を悪化させる可能性があるとして投与は許可されていません。

リジェネロンのこの抗体医薬は先月、トランプ大統領が新型コロナウイルスに感染し入院した際に投与されました。