路上生活の女性死亡 逮捕の男 “どいてくれと声かけも応じず”

路上生活の女性死亡 逮捕の男 “どいてくれと声かけも応じず”
東京 渋谷区のバス停で、路上生活をしていた女性が殴られて死亡した事件で、逮捕された男は「前の日に女性に『どいてくれ』と声をかけたが応じてくれなかった。痛い思いをさせればいなくなると思った」と供述していることが分かりました。警視庁が当時の状況をさらに調べています。
今月16日の早朝、東京 渋谷区幡ヶ谷のバス停でベンチに座って寝ていた64歳の女性が頭を殴られて死亡し、警視庁は、近くに住む吉田和人容疑者(46)を傷害致死の疑いで逮捕して、22日、検察庁に送りました。

関係者によりますと、女性は以前派遣社員として働いていて、ことしの春ごろからは、バスの運行が終わった深夜から早朝まで現場のバス停のベンチで毎日休んでいたということです。

その後の調べで、吉田容疑者は「事件の前日に女性に『バス停からどいてくれ』と声をかけたが応じてくれなかった。痛い思いをさせればいなくなると思った」と供述していることが、捜査関係者への取材で分かりました。

容疑者は、実家の酒店を手伝いながらボランティアで地域のごみ拾いをしていたということです。

警視庁が、当時の状況をさらに調べています。