Go To予約一時停止 立民 福山幹事長 対象地域など早急に明示を

「Go Toトラベル」をめぐり、政府が感染拡大地域を目的地とする旅行の新規予約を一時停止するなどの措置を導入することについて、立憲民主党の福山幹事長は、「遅きに失した」と批判したうえで、早急に対象地域や予約済みの旅行を取りやめた場合のキャンセル料の在り方などを明確にするよう求めました。

「Go Toトラベル」について、菅総理大臣は21日、感染拡大地域を目的地とする旅行の新規予約を一時停止するなどの措置を導入する考えを示しました。

これについて立憲民主党の福山幹事長は、NHKの取材に対し「ようやく見直しに言及した印象だが、対象地域などもはっきりせず逆に混乱が広がる。感染拡大を受けて急にかじを切ったようだが、遅きに失し、調整不足が露呈した」と述べ、政府の対応を批判しました。

そのうえで福山氏は「本来なら、対象地域や期限、さらには、キャンセル料の支払いなどの在り方をしっかり明示してから停止を表明しないと、ホテルや飲食店などは『どうするんだ』ということになる」と指摘し、早急に対象地域や予約済みの旅行を取りやめた場合のキャンセル料の在り方などを明確にするよう求めました。