国内女子ゴルフ 第3ラウンド 2週連続優勝ねらう古江が単独首位

女子ゴルフの国内ツアーの大会は、松山市で第3ラウンドが行われ、2週連続優勝をねらう20歳の古江彩佳選手がスコアを大きく伸ばし、通算13アンダーで単独首位に立ちました。

3位からスタートした古江選手は、バーディー7つ、ボギーなしで回り、スコアを7つ伸ばし、通算13アンダーとして、単独首位に立ちました。

2打差の2位に、前日首位の19歳、笹生優花選手、さらに3打差の3位に、菊地絵理香選手がつけています。

前日、首位に並んでいた20歳の西村優菜選手など4人が、通算7アンダーの4位で続いています。

大会連覇をねらう渋野日向子選手は、スコアを2つ伸ばし、通算3アンダーで14位となっています。