アフガニスタン首都カブール ロケット弾で8人死亡30人以上けが

アフガニスタンの首都カブールで、大統領府の近くや各国の大使館が集まる地区などにロケット弾が撃ち込まれ、これまでに市民8人が死亡し、30人以上がけがをしました。過激派組織IS=イスラミックステートが声明を発表し、犯行を認めました。

アフガニスタン政府によりますと首都カブールで21日、大統領府の近くや、アメリカ大使館を含む各国の大使館が集まる地区などにロケット弾20発以上が着弾し、大きな爆発が起きました。

この爆発で、これまでに少なくとも市民8人が死亡し、30人以上がけがをして病院で手当てを受けているということです。

地元の警察によりますと、ロケット弾はカブール北部の市街地に止められていた車2台から、複数回にわたって発射されたということです。

このロケット弾の発射について、過激派組織IS=イスラミックステートが声明を発表し、犯行を認めました。

アフガニスタンでは、政府とタリバンが停戦に向けた協議を始めたことし9月以降も、各地で戦闘やテロが相次いでいます。

今月2日には、カブールにある大学がISの武装グループに襲撃されて、学生など少なくとも19人が犠牲となり、治安の悪化に歯止めがかからない状態が続いています。