東京 渋谷 路上生活の女性殺害事件 男が交番に出頭 逮捕へ

今月16日、東京 渋谷区のバス停で、路上生活をしていた女性が頭を殴られて死亡した事件で、21日未明、近くに住む46歳の男が「私がやりました」などと話して、交番に出頭したことが分かりました。

警視庁は、まもなく傷害致死の疑いで逮捕する方針です。

今月16日の早朝、東京 渋谷区幡ヶ谷のバス停のベンチに座っていた大林三佐子さん(64)が、頭を殴られて死亡しました。

大林さんは路上生活をしていて、寝ていたところを、いきなり襲われたとみられています。

近くの防犯カメラには、現場で様子をうかがう不審な男が写っていて、警視庁が行方を捜査していましたが、21日午前3時ごろ、近くに住む46歳の男が交番に出頭して、「私がやりました」などと話したということです。

捜査関係者によりますと、男は「こんなことになるとは思わなかった」などと話しているということで、防犯カメラに写っていた人物と似ているということです。

警視庁は、まもなく傷害致死の疑いで逮捕する方針で、当時の状況などを詳しく調べることにしています。