小学生乗った旅客船沈没 海保が運航会社を捜索

香川県沖で修学旅行中の小学生ら62人が乗っていた旅客船が沈没した事故で、20日、船長が業務上過失往来危険の疑いで逮捕されました。高松海上保安部は旅客船の運航会社を捜索してどのような安全管理をしていたかについても調べています。

19日、香川県坂出市沖で旅客船が浅瀬に乗り上げて沈没した事故では、乗っていた修学旅行中の坂出市の小学6年生ら62人が海に飛び込むなどして救助されました。

船は通報から20分ほどで海中に沈み、多くの児童は船から海に飛び込み、救助を待ったほか、一部の児童らは浸水する船で救助を待ったということです。

この事故で高松海上保安部は高松市の45歳の船長を業務上過失往来危険の疑いで逮捕しました。

岩場の存在などを十分に確認せずに航行させ、浅瀬に乗り上げて沈没させた疑いが持たれていて、調べに対し容疑を認めているということです。

また旅客船を運航している高松市の会社を捜索し、どのような安全管理をしていたかについても調べることにしています。