大相撲11月場所13日目 貴景勝 志摩ノ海との対決制し単独トップ

大相撲11月場所は13日目、大関の貴景勝が平幕の志摩ノ海との1敗どうしの直接対決を制し、単独トップに立ちました。

中入り後の勝敗です。

▽十両の千代丸に新入幕の天空海は、千代丸が突き出しで勝ち越しました。

▽豊山に千代の国は、千代の国が押し出し。

▽千代翔馬に炎鵬は、千代翔馬が押し倒し。

▽佐田の海に魁聖は、佐田の海が寄り切り。

▽琴ノ若に明生は、明生が押し出しで勝ち越しました。

▽逸ノ城に琴恵光は、逸ノ城が上手出し投げ。

▽碧山に豊昇龍は、碧山がはたき込み。

▽千代大龍に遠藤は、千代大龍がはたき込みで勝ち越しました。

▽北勝富士に徳勝龍は、北勝富士が寄り切り。

▽栃ノ心に隠岐の海は、栃ノ心が寄り切り。
隠岐の海は負け越しです。

▽輝に玉鷲は、玉鷲が押し出し。
輝は負け越しました。

▽宝富士に大栄翔は、宝富士が寄り切り。

▽阿武咲に琴勝峰は、阿武咲が押し倒し。

▽妙義龍に若隆景は、若隆景が突き落とし。

▽霧馬山に照強は、霧馬山が寄り切り。

▽翔猿に高安は、翔猿が蹴返し。

▽小結 照ノ富士に竜電は、照ノ富士が押し出しで2敗を守りました。

▽御嶽海に隆の勝の関脇どうしの一番は、隆の勝が押し倒し。

▽大関 貴景勝に平幕、志摩ノ海の1敗どうしの直接対決は、貴景勝が押し出しで勝ちました。

11月場所は、13日目を終えて、
▼1敗で貴景勝が単独トップに立ち、
▼2敗で照ノ富士と志摩ノ海が追っています。

13日目各力士の談話

千代翔馬は勝ち越しまであと1勝、「勝ってよかった。あすももちろん頑張る。何があるかわからないが、あと二番頑張ります」と話していました。

ことし春場所以来の勝ち越しを決めた千代大龍は、「勝ち越しが久しぶりすぎて何がなんだかよくわからない。あと2日暴れますよ。相手を吹き飛ばすような立ち合いをするよ」と上機嫌でした。

ふた桁白星まであと1勝とした北勝富士は、「しっかりと圧力をかけて、自分から攻めることを頭に入れていた。あと二番集中していきたい」と話していました。

力強い相撲で7勝目の栃ノ心は、「左上手を取れて前に攻めることが出来てよかった。あす、あさって、気合いを入れて頑張る。体の状態も大丈夫。悪くない」と話していました。

阿武咲は勝って6勝目を挙げ「集中力だけ切らさず思い切っていこうと思った。押し込まれてもしっかり立て直して残すことができた。
負けられない状況を逆に楽しんでいる。楽しむぐらいの気持ちであすもしっかりいきたい」と話していました。

翔猿は大関経験者の高安に「蹴返し(けかえし)」を決めて5勝目を挙げ「ふと、体が動いた。少し元気を出して相撲を取ろうと思っていた。大関経験者に勝ってうれしい。残りが大事なので」と前向きでした。

照ノ富士は2敗を守って優勝争いに踏みとどまり、「流れは悪くなかった。まわしを取って落ち着いて相撲を取ろうと思っているだけ。できることをやってきている。万全ではないがここまで勝っているのはいいことだと思う。一番、一番、集中して取るだけなので」と淡々と語りました。

新関脇・隆の勝は勝ち越しまであと1勝とし「中に入れたのでよかった。とにかく自分の相撲をとる意識でできた。勝ち越しは目標でもあったので自分の相撲で勝てればいいと思う」と話していました。

貴景勝は志摩ノ海との1敗どうしの一番を制して単独トップとなり「自分が今できることはあすの相撲を一生懸命やること。本当にそれしかない。期待してくださることはすごくうれしい。期待に応えるのも裏切るのも自分しだい。頑張りたい」と話していました。