愛知 岡崎 山あいの小学校で「落ち葉スキー」始まる

枯れた松の葉を敷き詰めた斜面を滑る「落ち葉スキー」の授業が愛知県岡崎市の山あいにある小学校で始まりました。

岡崎市の恵田小学校では冬場の体力作りのため、昭和32年から授業で「落ち葉スキー」を行っています。

19日は全校児童およそ50人と交流している岡崎聾学校の児童10人余りが参加してスキー場の開場式が行われ、小学校の児童の代表が模範の滑りを披露しました。

学校の裏山の斜面には、長さ30メートルほどの3つのコースが設けられ、子どもたちは、手を広げてバランスをとりながら勢いよく滑り降りていました。

このあと小学校とろう学校の児童が一緒にそりやスキーを楽しみ、交流しました。

模範の滑りを披露した児童たちは、「気持ちよかった」とか「緊張したけど最後まで滑れてよかったです」と話していました。

落ち葉スキーの授業は来年2月下旬まで行われ、子どもたちは記録会などを通して上達を目指します。