トルコ・ギリシャ沖地震 死亡確認78人に 津波で船22隻沈没

トルコとギリシャの間のエーゲ海で発生した地震と津波では、これまでに78人の死亡が確認されました。津波で転覆するなどして22隻の船が沈没したことも明らかになり、浸水した沿岸の地域では泥を洗い流すなどの作業に追われています。

先月30日に発生したトルコとギリシャの間のエーゲ海を震源とするマグニチュード7.0の大きな地震では、倒壊した建物の現場で、がれきの下に取り残されている人の捜索と救助活動が続けられています。

トルコとギリシャの当局によりますと、トルコでは76人が死亡、962人がけがをし、ギリシャでは2人が死亡、19人がけがをしました。

また、津波も発生し、トルコ政府は1日、船22隻が転覆するなどして沈没したほか、43隻が陸上に乗り上げる被害があったことを明らかにしました。

津波で1人が亡くなったトルコ西部イズミル県の沿岸の町セフェリヒサルでは、住民が、自宅や店舗に流れ込んだ泥を洗い流す作業に追われています。

土産物店を経営する男性は「水に流された商品棚を回収して洗っています。それ以上何もできませんが、とにかく生きていかなくては」と話していました。

現場では、地元の行政から派遣された職員が泥を洗い流す作業などを支援し、復旧を急いでいます。

津波の被災地は

今回の地震で発生した津波では、トルコ西部イズミル県の沿岸の町セフェリヒサルで1人が犠牲になりました。

セフェリヒサルの海岸近くには土産物店や住宅が建ち並ぶ一角があり、その通りに流れ込んだ海水で住民の85歳の女性が溺れ、死亡しました。

津波の発生から丸2日がたった1日、住民たちは水につかった家具を洗ったり、自宅や店に入り込んだ泥をかきだしたりする作業に追われていました。

このうち土産物店を経営するムスタファ・タバオールさんは壁に残る、自身の腰の高さほどの線を指さしながら、「水はこの線まで来ました。商品棚が流され、水がひくとともにどこかへいってしまいました。それらを回収し、洗っています。それ以上何もできませんが、とにかく生きていかなくては」とため息まじりに話していました。

また、タバオールさんの娘のネジュラさん(24)は、店の前の通りに水が流れ込む様子を撮影していました。

ネジュラさんによりますと、水は高さ50センチほどに達したということで、「何もできなくてここで死ぬのかと思いました」と当時の心境を話しています。

現場では、地元の行政から派遣された職員が泥を洗い流す作業などを支援し、復旧を急いでいます。

58時間後に14歳の少女を救出 地元メディア伝える

地元メディアは、地震の発生から58時間後の2日未明、14歳の少女が倒壊した建物から救出されたと大きく伝えています。

少女が救出されたのは、大きな被害を受けたトルコ西部イズミル県の倒壊した建物で、現地からの映像では少女が担架に乗せられて救急車まで運ばれる様子が確認できます。

周囲では、救出を喜ぶ拍手が起こったり、親族とみられる人たちが安どした様子で抱き合ったりしていました。