「DJポリス」出動もハロウィーン自粛 渋谷の街 仮装姿ほぼなし

「DJポリス」出動もハロウィーン自粛 渋谷の街 仮装姿ほぼなし
31日はハロウィーン本番です。ことしは東京 渋谷区がハロウィーンを目的とした繁華街への来訪の自粛を呼びかけていて、仮装した人の姿はほとんど見られません。警視庁は念のため機動隊を出して警戒にあたっています。
東京の渋谷や六本木の繁華街は毎年この時期、仮装した若者や外国人で混雑しますが、ことしは新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、渋谷区がハロウィーンを目的とした来訪の自粛を呼びかけています。

こうした中、本番の31日、渋谷の繁華街はふだん通り買い物客などでにぎわっていますが、例年は混雑のピークを迎える午後8時を過ぎても仮装した人の姿はほとんど見られません。

一方、警視庁は混雑の中での事故やトラブルを防ぐため、ことしも機動隊を出して警戒にあたっています。

このうちスクランブル交差点の周辺では「DJポリス」と呼ばれる機動隊の広報班が横断歩道で立ち止まらないよう、歩行者に呼びかける様子も見られました。

去年のハロウィーン本番では公務執行妨害などで9人が逮捕されていて、警視庁は状況を見極めながら繁華街の警戒を続けることにしています。