米大統領選 トランプ激戦州で訴え バイデン政権奪還に意欲

米大統領選 トランプ激戦州で訴え バイデン政権奪還に意欲
アメリカ大統領選挙が迫る中、トランプ大統領は接戦となっている西部アリゾナ州で遊説を行い、メキシコと国境を接する地元の有権者に不法移民対策をアピールしました。一方、民主党のバイデン氏は期日前投票を行って政権の奪還に意欲を示しました。
トランプ大統領は28日、西部アリゾナ州の2か所で演説しました。

このうち、州都フェニックス郊外の集会でトランプ大統領は、「国境に400マイル以上の壁を築き、そのうち半分はアリゾナだ。私は史上最も安全な国境を築いた」と述べ、メキシコと国境を接する地元の有権者に対し、国境に壁を建設したことで不法移民の流入を厳しく取り締まっているとアピールしました。

アリゾナ州は、1996年に当時のクリントン大統領が勝利した以外、この70年近く共和党の候補が勝利を続ける保守派の強固な地盤ですが、今回は接戦になっていて、トランプ大統領は先週も現地入りするなど、運動に力を入れています。
一方、民主党のバイデン氏は地元の東部デラウェア州でジル夫人とともに期日前投票を行いました。

バイデン氏はこれに先立って演説し、新型コロナウイルスの感染が急拡大しているとして、「トランプ政権はウイルスに降伏宣言した。私が大統領になれば対策を絶対にあきらめない」と述べ、政権の奪還に意欲を示しました。

トランプ大統領とバイデン氏は29日以降、南部フロリダ州など激戦州を連日、同じ日に訪れて遊説を行う予定で、最終盤のしれつな争いが続いています。

両陣営の選挙資金合計「過去最高の総額140億ドル近く」 米団体

ワシントンにある政治資金監視団体、「責任ある政治センター」は、今回の選挙で共和・民主の両陣営が最終的に投入する資金は、上下両院の議会選挙も含めると過去最高の総額140億ドル近く、日本円でおよそ1兆4600億円に上る見通しを示しました。

これは、4年前の選挙の2倍以上で、このうち大統領選挙の費用は前回の3倍近い66億ドル、日本円で6900億円近くに上る計算です。

アメリカ連邦選挙委員会は、先週の記者会見で、新型コロナウイルスの影響でテレビやネットの選挙広告が大幅に増えていて、選挙運動に費やされる資金は過去最高に上ると説明していました。

夜明け前から長い列 支持者たちの反応は

トランプ大統領の演説会場では、夜明け前から会場入りしようとする支持者たちが長い列をつくり、気温が8度と寒い中、毛布にくるまったり、たき火をしたりして暖を取っていました。

前日の夜から並んでいるという女性は「世論調査ではバイデン氏がリードしているようですが、信用していません。トランプ大統領が間違いなく勝つと思います」と話していました。

また、演説を聞いた地元に住む女性は「アリゾナ州には隣のカリフォルニア州から移り住んでくる民主党支持者も多く、共和党支持者の割合が下がって接戦になっていますが、トランプ大統領が勝つでしょう」と話していました。