“子豚焼いた画像” SNSに投稿か 豚の入手方法捜査 群馬 太田

群馬県太田市のアパートの部屋で不法に豚を解体したとしてベトナム国籍の技能実習生4人が逮捕された事件で、このアパートの自転車置き場で子豚を焼いたとみられる画像がSNSに投稿されていたことが捜査関係者への取材でわかりました。群馬を中心に関東で豚などが盗まれる事件が相次いでいることから、警察は豚をどのように入手したか捜査しています。

いずれもベトナム国籍の技能実習生、カオ・スアン・トゥン容疑者(27)とグエン・バン・ゴック容疑者(32)ら4人は、ことし7月ごろ太田市のアパートの部屋で許可を得ていないのに不法に豚を解体した疑いで28日、逮捕されました。捜査関係者によりますと、このうちカオ容疑者は調べに対し容疑を認めているということです。

これまでの捜索でアパートの部屋からは豚の肉の塊や包丁などが見つかっていますが、アパートの自転車置き場で子豚を焼いたとみられる画像がベトナム人のコミュニティーのSNSに投稿されていたことが捜査関係者への取材でわかりました。

群馬を中心に関東で豚などが盗まれる事件が相次いでいることから、警察は豚をどのように入手したか捜査しています。

付近住民「丸焼きだった」

アパートの近くに住む男性は「梅雨の終わりから夏にかけて豚を焼いているのを見た。豚に棒が刺さっていて丸焼きだった。焼いていた人たちは外国人で4、5人だったと思う」と話していました。