アメリカ大統領選挙 最終盤 両陣営とも重視する州で活動強化

アメリカ大統領選挙は最終盤となり、トランプ大統領は前回の勝利につながった「ラストベルト」と呼ばれるかつて工業が盛んだった州で労働者を重視する姿勢を強調した一方、民主党のバイデン氏も共和党が地盤としてきた州で遊説を行いました。両陣営とも重視する州で活動を強めています。

トランプ大統領は27日、激戦州の中西部ミシガン州で大規模な集会を開き、「私はドイツや日本にアメリカに工場をつくるよう求めてきた」と述べ、労働者を重視する姿勢を訴えました。

ミシガン州はかつて鉄鋼業や重工業が盛んだった「ラストベルト」の一角で、大統領選挙では長年、民主党が制してきましたが前回はトランプ氏が白人労働者の支持を得て勝利していて、トランプ大統領としては、労働者を重視する姿勢を訴えて前回の勝利の再現を図るねらいがあるとみられます。

これに対して、民主党のバイデン氏は共和党が地盤としてきた南部ジョージア州で集会を開き、「国の分断が広がっているが、私は国民が団結し、国を癒やすことができると知っている」と述べ、党派を超えた融和を訴えました。

ジョージア州はトランプ大統領としては確実に勝利したい州ですが、今回は、世論調査で両候補の支持率がきっ抗しています。

民主党は、オバマ前大統領も前回、トランプ大統領が勝利した激戦州の南部フロリダ州で同じ日、集会を開いていて、選挙戦の最終盤、両陣営とも重視する州で活動を強め相手の切り崩しを図っています。

オバマ前大統領 最高裁判事承認を批判

オバマ前大統領は27日、激戦州の南部フロリダ州を訪れ、「トランプ大統領はパンデミックの真っただ中にもかかわらず、医療保険制度をすぐにでも人々から取り上げようとしている。そして彼の望みを実現することができる判事が、連邦最高裁判所の判事として承認された」とトランプ大統領を批判しました。

また来週の大統領選挙を前に、早めに投票に行くことを呼びかけ、演説が終わったあとも、投票を意味する「VOTE」と書かれたマスクを着けて、アピールしていました。