立民 福山幹事長 首相の「学術会議 会員に偏り」指摘を批判

日本学術会議をめぐって、菅総理大臣が会員が一部の大学に偏っているなどと指摘したことについて、立憲民主党の福山幹事長は「総理大臣は形式的に会員を任命する立場のはずで、偏りなどを判断してはならない」と批判しました。

日本学術会議の会員候補6人が任命されなかったことをめぐり、菅総理大臣は26日夜、会員が一部の大学に偏っていると指摘し、民間や若手、地方からも選任される多様性の確保が必要だという認識を示しました。

立憲民主党の福山幹事長は、27日の記者会見で「形式的に会員を任命する立場のはずの総理大臣が、会員の偏りなどを判断してはならない」と菅総理大臣を批判しました。

そして、「もっと言えば、菅総理大臣は、会議の『推薦リスト』すら見ていないのに、なぜそんなことが分かるのか。いよいよ説明が苦しいと言わざるをえない」と指摘しました。