米大統領選 投票日まで1週間 期日前投票 前回上回る6000万人に

アメリカ大統領選挙は11月3日の投票日まで27日で1週間となります。両陣営とも勝敗を左右する激戦州での運動に力を入れるなか、新型コロナウイルスの感染拡大の影響もあり、期日前投票は前回、4年前を上回る6000万人にのぼっていて、最終盤の争いがさらに過熱しています。

トランプ大統領は26日、東部ペンシルベニア州で大規模な集会を開き、「バイデン氏は、石油産業を破壊する。ペンシルベニアのエネルギー産業にとって経済的な死刑宣告だ」と述べ、バイデン氏の主張する政策はペンシルベニア州で盛んなエネルギー産業に悪影響があると批判しました。

そのうえで、「ペンシルベニア州で勝利して4年の任期を勝ち取ろう」と支持を訴えました。

ペンシルベニア州は全米の勝敗を左右する激戦州の1つで、トランプ大統領は26日、州内3か所で大規模な集会を開くほか、今週、同じ激戦州の中西部ミシガン州や西部アリゾナ州でも相次いで集会を開いて支持を訴えることにしています。

これに対して民主党のバイデン氏も、ペンシルベニア州を訪れて陣営のスタッフを激励しました。

バイデン氏は今週、激戦州の南部フロリダ州で遊説を行うほか、オバマ前大統領らもフロリダ州を訪れる予定で、両陣営とも選挙戦の最終盤に激戦州での運動に力を入れています。

今回のアメリカ大統領選挙は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で多くの州で郵便投票の制度が緩和されたこともあり、期日前投票を行った人が26日の時点で全米で6000万人を超え、すでに前回、4年前の選挙を上回っていて、1週間後の投票日に向けて両陣営の争いがさらに過熱しています。