「脱炭素社会の実現に向け世界をリード」 加藤官房長官

菅総理大臣が「2050年までに、温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする」と表明したことを受けて、加藤官房長官は、再生可能エネルギーなどを最大限活用し、脱炭素社会の実現に向けた世界の取り組みをリードしたいという考えを強調しました。

菅総理大臣は、26日の所信表明演説で「2050年までに、温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする」と表明しました。

加藤官房長官は、午後の記者会見で「国として高い目標を掲げ、産学官、自治体、国民の一人一人を含め、日本の総力を挙げて脱炭素社会の実現に取り組んでいくことが必要だ」と指摘しました。

そして「再生可能エネルギーはもちろん、安全性の確認された原子力を含め、使えるものを最大限活用するとともに、二酸化炭素を回収し、燃料や化学品に活用する『カーボンリサイクル』など、新たな選択肢も追求していく」と述べました。

そのうえで、加藤官房長官は「わが国の高い技術を維持しながら、脱炭素社会を促し、実現に向けて世界的にリードしていきたい」と強調しました。