初の所信表明演説 新型コロナ “爆発的な感染防ぐ” 菅首相

菅総理大臣は26日召集された臨時国会で初めての所信表明演説を行い、新型コロナウイルスの爆発的な感染は絶対に防ぎ、国民の命と健康を守り抜くとしたうえで、経済を回復させると強調しました。また、脱炭素社会の実現に向けて「2050年までに、温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする」と表明しました。

菅内閣の発足後初めての本格的な論戦の舞台となる臨時国会が26日召集され、菅総理大臣は衆参両院の本会議で所信表明演説を行いました。
冒頭、菅総理大臣は「新型コロナウイルスの感染拡大と戦後最大の経済の落ち込みという国難のさなかにあって、国のかじ取りという大変重い責任を担うこととなった」と述べたうえで、爆発的な感染は絶対に防ぎ、国民の命と健康を守り抜くとともに、社会経済活動を再開し、経済を回復させると強調しました。

そして「行政サービスや民間でのデジタル化の遅れ、サプライチェーンの偏りなど、さまざまな課題が浮き彫りになった」と指摘し、デジタル化などの大胆な規制改革を実現し、ウィズコロナ、ポストコロナの新しい社会をつくる意欲を示しました。

そのうえで、
▽改革を強力に実行する司令塔となる「デジタル庁」を来年設立することや、
▽オンライン教育の拡大、
▽行政への申請などの押印を原則廃止する方針を改めて示しました。

また、菅総理大臣は「2050年までに、温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする『2050年カーボンニュートラル』、脱炭素社会の実現を目指すことを宣言する」と表明しました。

そのうえで、積極的に温暖化対策を行うことが産業構造や経済社会の変革をもたらし、大きな成長につながるという発想の転換が必要だと指摘し、国と地方で検討を行う場を創設するほか、石炭火力発電に対する政策を抜本的に転換する方針を明らかにしました。

続いて、菅総理大臣は「雪深い秋田の農家に生まれ、地縁、血縁のない横浜で、まさにゼロからのスタートで政治の世界に飛び込んだ」とみずからの経歴に触れたうえで、観光や農業改革などにより地方を活性化し、日本経済を浮上させると訴えました。

そして、待機児童の解消を目指すとともに、不妊治療の保険適用を早急に実現し「オンライン診療」の恒久化を推進する考えを示しました。

また、東日本大震災からの復興について「被災者の皆さんの心に寄り添いながら、一層のスピード感を持って復興・再生に取り組む」と述べました。

外交・安全保障をめぐり、菅総理大臣は、北朝鮮による拉致問題は政権の最重要課題だとして、すべての被害者の一日も早い帰国の実現に全力を尽くし、条件を付けずにキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長と直接向き合う決意を示しました。

また、就任後初めての外国訪問としてベトナムとインドネシアを訪れたことに触れ、基本的な価値を共有する国々とも連携し、法の支配に基づいた自由で開かれたインド太平洋の実現を目指す考えを強調しました。

中国について、菅総理大臣は、ハイレベルの機会を活用し主張すべき点はしっかり主張しながら、共通の諸課題で連携していく考えを示しました。

ロシアとは、首脳間の率直な意見交換も通じて平和条約の締結を含む関係全体の発展を目指すほか、韓国は「極めて重要な隣国だ」として、健全な関係に戻すため日本の一貫した立場に基づいて適切な対応を強く求める考えを示しました。

そして、日米同盟の抑止力を維持しながら沖縄の基地負担軽減に取り組むとして、普天間基地の危険性を一日も早く除去するため名護市辺野古への移設工事を着実に進めていく考えを強調しました。

一方、東京オリンピック・パラリンピックについては「来年の夏、人類がウイルスに打ち勝った証しとして、東京大会を開催する決意だ」と述べました。

このほか、憲法について、与野党の枠を超えて建設的な議論が行われ国民的な議論につながっていくことに期待感を示しました。

みずからが目指す社会像について、菅総理大臣は「『自助・共助・公助』そして『絆』だ」とするとともに、携帯電話料金の値下げなど約束した改革で結果を出し、成果を実感してもらいたいという考えを示しました。

そして「行政の縦割り、既得権益、あしき前例主義を打破し、規制改革を全力で進める。『国民のために働く内閣』として、改革を実現し、新しい時代をつくり上げていく」と結びました。

与野党の反応は…

菅総理大臣の所信表明演説を受けた与野党などの反応です。

小泉環境相「責任果たしたい」

菅総理大臣が所信表明演説で脱炭素社会の実現に向けて「2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする」と表明したことについて、小泉環境大臣は記者団に対し「まだ日本では『脱炭素』ということばが浸透しているとは言えないと思うが、30年後のことではなく、いまから経済の構造、産業の在り方、われわれの生活の在り方をすべてを塗り替えていく大きな目標を打ち出されたと思う。環境省として新たな時代が来たと認識してしっかりと責任を果たしていきたい」と述べました。

自民 二階幹事長「国民に信頼感 伝わったと思う」

自民党の二階幹事長は記者会見で「非常に堂々と所信を述べた。国民にも信頼感が伝わったと思っており高く評価している。今後、野党から立派な質問があれば菅総理大臣から真剣な答弁があることを期待している」と述べました。また、菅総理大臣が「2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする」と表明したことについて「勇敢に言い切ったのだから、しっかりやるだろう。バックアップしたい」と述べました。

自民 岸田前政調会長「極めて堅実な演説」

自民党の岸田前政務調査会長は国会内で記者団に対し「極めて堅実な演説で人柄が出ていた。安倍政権の政策を内政や外交でしっかり継承していくのだと感じた。脱炭素社会の実現は今の技術や社会を考えると簡単ではないが強い決意で具体的な取り組みを積み上げてもらいたい」と述べました。

自民 石破元幹事長「具体論語ること 菅総理のカラー」

自民党の石破元幹事長は国会内で記者団に対し「自民党総裁選挙の時から言っていることを丁寧に説明したのではないか。携帯電話料金の値下げや不妊治療の保険適用の拡大など抽象論ではなく具体論を語ることが菅総理大臣のカラーであり、一つ一つのパーツの積み重ねによって国家像が描かれてくるという考えなのだろう」と述べました。

立民 枝野代表「ビジョン全く示されない 残念な所信」

立憲民主党の枝野代表は党の役員会で「覇気も、具体性もない所信表明演説だったと言わざるをえない。政策の見出しや目次を羅列したような中身で、それぞれのテーマをどう解決するのか、どういう日本や社会を作ろうとしているのか、ビジョンが全く示されていない残念な所信だった。こちらは、より明確なビジョンをしっかりと示して問いただしていきたい」と述べました。

公明 山口代表「具体的な政策目標 はっきり述べた」

公明党の山口代表は国会内で記者団に対し「目指すべき課題について、メリハリをつけて具体的な政策目標をはっきり述べていたことが印象的だった。具体的な課題の積み上げ無くして抽象的な国家像を語っても響かない点もある。一つ一つ実現し、国民とともに進んでいく歩みの中で次なる国の姿も見いだしていけるのではないか」と述べました。

維新 馬場幹事長「無難 守りの姿勢感じる」

日本維新の会の馬場幹事長は記者会見で「わりと無難で守りの姿勢を感じる所信表明演説だった。もう少し国民に夢や希望を持ってもらえる大目標を示したうえで、徐々に細かい施策に落としていくべきではないかという感想を持った。また、今後どのような経済分野を成長させていくのかという点がやや弱いような気がした」と述べました。

共産 志位委員長「日本学術会議の問題 説明なく異常だ」

共産党の志位委員長は記者会見で「大変驚いたのはみずからが引き起こした日本学術会議への人事介入の問題について、ひと言も説明がなかったことだ。本当に異常だ。徹底的に究明していきたい。新型コロナウイルスからどうやって命と暮らしを守るかもスカスカで中身が全くなく、きちんとただしていかなければならない」と述べました。

国民 玉木代表「個別の政策並べただけ 事務的な印象」

国民民主党の玉木代表は国会内で記者団に対し「国家像や社会像、菅総理大臣の政治的意思を明確に示す演説を期待していたが、個別の政策を並べただけで少し体温の低い、事務的な印象を受けた。新型コロナウイルスの影響が心配される中、追加の経済対策に具体的な言及が一切なかったことも非常に残念だ」と述べました。