米ホワイトハウス コロナ禍でハロウィーン開催 子どもたち招待

今月末のハロウィーンを前に、アメリカのトランプ大統領夫妻はホワイトハウスに子どもたちを招いて毎年恒例のハロウィーンの催しを開き、新型コロナウイルスの感染が続く中でも通常の生活に戻りつつあるとアピールしました。

ホワイトハウスでは25日、毎年恒例のハロウィーンの催しが開かれ、トランプ大統領とメラニア夫人が招待された子どもたちや軍関係者の家族などを迎えました。

ことしは新型コロナウイルスの影響で、大統領夫妻は子どもたちへのお菓子の手渡しはせず、子どもや親との記念撮影に応じるなどして歓迎しました。

また、大統領夫妻はマスクを着けませんでしたが、招待客にはマスクの着用が求められ、大半の人たちはマスクをしながらホワイトハウスでのハロウィーンを楽しんでいました。

アメリカでは中西部を中心に新型コロナウイルスの感染拡大が再び深刻になっていて、ハロウィーンの催しも中止となるケースが出ていますが、トランプ大統領はホワイトハウスでの催しは例年通り開くことで、通常の生活に戻りつつあるとアピールした形です。

ただ、ホワイトハウスではペンス副大統領の側近など、少なくとも5人の感染が新たに確認されたと報じられていて、トランプ政権の感染対策に改めて批判の声が出ています。