「全力で公務行うため」家庭用サウナを役所内に 大阪 池田市長

大阪 池田市の冨田裕樹市長は、市役所内に家庭用サウナなどを持ち込んでいたことについて「リハビリのために一時的に設置していた。全力で公務を行うためだったが公人として認識が甘かった」と謝罪しました。

大阪 池田市の冨田市長は、インターネットサイト「デイリー新潮」で「市役所にベッドや家庭用サウナを持ち込み、住み着いた」などと報じられたことについて23日、会見しました。

市長によりますと去年の夏以降、市長室に隣接したスペースに私物の簡易ベッドやストレッチ器具を持ち込んだほか、ことしの9月には家庭用サウナを設置したということです。

これについて「サウナはスポーツ障害の後遺症のリハビリのために一時的に設置していた。全力で公務を行うための行動です」と述べたうえで「公人として認識が甘かった。深くおわびします」と謝罪しました。

サウナはすでに撤去したということで、使用した電気代について速やかに返金する考えを示した一方、簡易ベッドについては腰の持病があり必要だなどとして現在も残してあるということです。

また、市役所に住んでいるのではという指摘について冨田市長は、「今月に入って連日泊まらざるをえない状況になったことは確かだが必要にかられてのことだ。事務所を兼ねた住居があり役所で生活しているわけではない」などと述べました。