福井 クマに襲われ 北陸新幹線工事の作業員など3人けが

福井県では23日、クマに襲われてけがをする人が相次ぎ、敦賀市のJR敦賀駅の近くで北陸新幹線の建設工事の作業員など男性2人が足の骨を折るなどのけがをしたほか、大野市で70代の女性が自宅の車庫で腕をかまれるなどして、合わせて3人がけがをしました。

23日午前8時半ごろ、JR敦賀駅の「敦賀車両管理室」の近くでJRの社員で50代の男性が突然現れたクマに襲われ、首や肩を引っかかれました。

およそ10分後には、東に数十メートル離れた北陸新幹線を延伸する建設工事の現場で、協力企業の40代の作業員の男性が資材の後ろに潜んでいたクマに襲われ、足などをかまれました。

2人は病院に運ばれ、このうち新幹線の建設現場にいた作業員の男性は左足の骨を折るなどの大けがだということです。

クマはその後、高架橋の建設工事の足場の中に逃げ込んだため、警察が立ち入りを規制して警戒を続け、午前11時ごろ猟友会が駆除しました。

クマは体長1メートルほどで、市によりますと敦賀駅の周辺で22日夜から目撃情報が相次ぎ、注意を呼びかけていたということです。

23日午後1時ごろには、大野市の中心部から6キロほど離れた田畑が広がる集落で、自宅の車庫で車に乗ろうとした70代の女性が突然、背後からクマに襲われ、頭や右腕をかまれたり爪で引っかかれたりしてけがをしました。

福井県内では今年度、クマに襲われてけがをした人は、すでに10人に上っています。

小泉環境相「被害防止に取り組む」

人がクマに襲われる被害や生活圏でのクマの目撃情報が相次いでいることについて、小泉環境大臣は23日の閣議のあとの記者会見で「関係省庁がより一層密に連携して、被害防止に向けた取り組みを進めていきたい。何が必要な対策なのか、人間本位ではなくて、生態系全体も含めた発想でとらえていく必要もある」と述べました。

政府は、今月26日に環境省や農林水産省、警察庁などの担当者を集めた緊急の連絡会議を開き、対策を検討することにしています。