毒グモ「タランチュラ」か 散歩中の女性が見つける 茨城 日立

22日、茨城県日立市の路上で外来種の毒グモ「タランチュラ」とみられるクモが見つかり、警察は、ペットとして飼われていたものが逃げ出したのではないかとみて、飼い主を探しています。

22日の午前8時半ごろ、日立市高鈴町で、近くに住む女性が散歩をしていたところ、道路沿いの壁の排水用の穴の中に、体長およそ8センチほどのクモがいるのを見つけました。

女性が交番に届け出て、警察が捕獲して調べたところ、外来種の毒グモ「タランチュラ」の一種とみられることが分かりました。

タランチュラは毒性は弱く、ペットショップなどでも売られているということで、警察はペットとして飼われていたものが逃げ出したのではないかとみて、飼い主を探しています。

警察署で拾得物とし保護

保護されたタランチュラは、全体が毛に覆われていて、足には黒と黄色のような、縞模様があります。

現在は、虫かごに入れられて日立警察署で拾得物として保護されています。