バイデン氏と息子を巡る疑惑の報道 トランプ陣営は攻撃強める

バイデン氏と息子を巡る疑惑の報道 トランプ陣営は攻撃強める
アメリカ大統領選挙の最後のテレビ討論会を前にアメリカの一部メディアがバイデン氏とウクライナで汚職捜査の対象となっていた会社との関係を巡る疑惑を繰り返し報じていて、トランプ陣営はバイデン氏への攻撃を強めています。
タブロイド紙のニューヨーク・ポストは14日、バイデン氏の次男のハンター氏がウクライナで汚職事件の捜査の対象となっていた会社の役員を務め、多額の報酬を受け取っていた上、バイデン氏本人が次男の仲介でこの会社の幹部と会っていたと伝えました。

この記事では情報源はトランプ大統領の依頼でこの疑惑を調べていた顧問弁護士のジュリアーニ氏だと明かしたうえで、バイデン氏と幹部との会合を示唆するメールの内容も報じています。

さらにニューヨーク・ポストはバイデン氏の次男が中国企業との事業で多額の利益を得ようとしていたとして、これを裏付けるとする
メールの内容を報じるとともに、次男の元ビジネスパートナーだとする男性が「メールは自分も受信していて本物だ」と証言したと伝えました。

また保守系のFOXニュースは21日、バイデン氏の次男のパソコンがFBI=連邦捜査局の資金洗浄を巡る事件の捜査で押収されていたと報じ、その記録だとする内部資料の写真を掲載しました。

一方、アメリカの雑誌タイムは21日、ウクライナではジュリアーニ氏が情報を集めていた当時、バイデン氏の次男に関する情報が売り買いの対象となっていたと伝え、信ぴょう性に疑いもあるという見方が出ています。

一連の報道を受けてトランプ大統領は「バイデン氏は腐敗した一族で、真相を明らかにするべきだ」と攻撃をしていて、討論会でも追及を強めるとみられます。

ハンター氏のビジネスパートナーが記者会見

この問題を巡ってハンター氏のビジネスパートナーだったと主張する男性が22日、テレビ討論会を前に記者会見を開きました。

ロイター通信によりますと記者会見はトランプ陣営が設定したということで、このなかで男性は「バイデン氏がこれまで次男とビジネスについて話したことはないと否定しているが、それはうそだ。私はバイデン前副大統領を含むバイデン氏一族と直接やりとりしていた」と主張しました。

さらに「私が主張していることは電子メールや文書などで裏付けることができる」と述べ、メールなどが残っているとする携帯電話3台を今後、FBI=連邦捜査局に提出するとしています。

これに先だってニューヨーク・ポストはハンター氏の疑惑を裏付けるとするメールの内容を報じていて、その記事のなかでこの男性は「メールは自分も受信していて本物だ」と話していました。

ニューヨーク・ポストはこの疑惑のほかにもトランプ大統領の顧問弁護士のジュリアーニ氏から情報提供を受けたというハンター氏を巡る別の疑惑も報じています。

一方、バイデン陣営はこの男性の会見を受けてアメリカの別のメディアの取材に応じ、「バイデン前副大統領が家族と一緒にビジネスをしたり海外事業に携わることを考えたことはこれまで一度もない」と反論しています。