米最高裁判事の人事 上院司法委員会 民主党側欠席の中で承認

アメリカのトランプ大統領が指名した連邦最高裁判所の新しい判事の人事について、議会上院の委員会で野党の議員が欠席する中、採決が行われ、賛成多数で承認しました。与党共和党は、野党側が反発する中、来週にも上院本会議で人事案を最終的に承認する方針です。

アメリカ議会上院の司法委員会では22日、トランプ大統領が連邦最高裁判所の判事に指名した保守派のバレット判事の人事案をめぐり、採決を行うための委員会が開かれました。

野党民主党側は、共和党が前例に反して大統領選挙直前に承認を急ぐ姿勢に抗議する形で22日の委員会には出席しませんでした。

司法委員会のグラム委員長は「委員会に出席しないのは、民主党の議員の選択だ。私は、委員会としてバレット氏を承認することを選択する」と述べ、野党議員が欠席する中採決を行い、バレット氏の人事は与党側の賛成多数で承認されました。

一方、民主党の議会上院トップ、シューマー院内総務は司法委員会を欠席した民主党の議員と記者会見し、「採決は認められない。今回のバレット氏の承認ほど不当な手続きを見たことがなく何世代にもわたり、議会上院に、連邦最高裁に、そして国全体に大きな影響を及ぼすことになる」と述べました。

共和党は今後、23日に上院本会議で審議に入って承認の手続きを急ぎ、来週にも本会議で最終的な承認を得たい方針です。

トランプ大統領は大統領選挙の直前に新たな保守派の判事を就任させ、保守層に成果をアピールしたい考えで、バレット判事が加わった最高裁判所の判断は、大統領選挙をめぐる裁判が起こされた場合、その結果にも影響する可能性があるため、焦点になっています。

トランプ大統領「アメリカにとって大きな日」

トランプ大統領は22日、ツイッターに「バレット判事が司法委員会で承認された。あとは、本会議で最終的な採決をするだけだ。アメリカにとって大きな日だ」と投稿し、司法委員会での承認を歓迎しました。

専門家「多くの有権者に影響を与える」

カリフォルニア大学のジェイムズ・ワグスタッフ教授は「今回の承認は、多くの有権者に影響を与えるだろう。共和党側が人事を強行して承認しようという姿に映っているということ以外にも最高裁の判事を指名する大統領を選ぶ選挙がいかに重要かということを再認識させるきっかけにもなったからだ」と述べ、大統領選挙にも影響するという見方を示しました。

また、今後バレット氏が最高裁の判事に就任した際の影響について「オバマ前大統領が導入した医療保険制度をめぐる判断などで変化は比較的早い段階で表れるだろう。そのほかにも長期的には、人工妊娠中絶や言論をめぐる権利について保守的な判断が示されることになるだろう」と話しています。