石破派 派閥の結束に不安視も 石破元幹事長の会長辞任

自民党の石破元幹事長が派閥の会長を辞任したことを受けて、石破派は、後任の会長や今後の運営を協議することにしていますが、次の総裁選挙への対応などをめぐって意見に隔たりがあり、結束を保てるか不安視する声も出ています。

自民党の石破元幹事長は22日、みずからが率いてきた石破派の会合で、9月の総裁選挙で敗れた責任を取りたいとして、派閥の会長を辞任しました。

石破氏は、引き続き派閥を存続させ、みずからも所属議員の支援にあたる考えを示したものの、次の総裁選挙に立候補するかどうかは、「菅政権ができたばかりで、来年のことを言うべきではない」と述べ、明言を避けました。

石破派は、後任の会長や今後の運営について、事務総長を務める鴨下・元環境大臣を中心に、所属議員で協議することにしています。

ただ、派閥内では、次の総裁選挙への対応について、「石破氏の立候補は難しくなった」という見方と、「再び立候補する道は残されている」という見方に分かれていて、他の派閥との連携の在り方をめぐっても意見に隔たりがあり、結束を保てるか不安視する声が出ています。

こうした中、他の派閥は、閣僚経験者の1人が「石破氏の辞任で求心力が維持できなくなり、派閥としてもたないのではないか」と指摘するなど、石破派から離脱する議員が出るかを含め、今後の動きを注視しながら対応していくものとみられます。