2世帯住宅全焼 3人遺体見つかる 夫婦と義理の息子か さいたま

21日夜、さいたま市で2世帯住宅が全焼し、3人の行方が分からなくなっている火事で、焼け跡から3人の遺体が見つかり、警察は身元の確認を進めるとともに火事の原因を調べています。

21日午後7時半すぎ、さいたま市中央区新中里で2世帯住宅が全焼する火事がありました。

住宅は、2階建てと3階建ての木造の建物がつながっていて、2階建ての建物には小林定博さん(84)と86歳の妻が、3階建ての建物には、小林さんの義理の息子の修さん(61)と54歳の妻、それに19歳の孫が住んでいましたが、火事のあと小林さん夫婦と修さんの3人と連絡が取れなくなっているということです。

警察は22日、消防と合同で現場を捜索していましたが、男性2人と女性1人の合わせて3人の遺体が見つかったということです。

警察は、亡くなったのは小林さん夫婦と修さんではないかとみて、身元の確認を進めるとともに火事の原因を調べています。