自民 石破元幹事長 派閥会長を辞任へ 総裁選での敗北受けて

自民党の石破元幹事長は、9月の総裁選挙で敗れた責任を取りたいとして、自身が率いる石破派の会長を辞任する意向を固めました。石破氏は、派閥には引き続きとどまる考えで後任の会長については、所属議員の意見を聞きたいとしています。

自民党の石破元幹事長は、9月の総裁選挙で、535票のうち、68票を獲得しましたが、377票を獲得した菅総理大臣に敗れたほか、89票を獲得した岸田前政務調査会長にも及びませんでした。

こうした中、石破氏は、22日午前、NHKの取材に対し、「いろいろ理由はあるが、総裁選挙の責任をとりたい。臨時国会の召集を前に、きちんとけじめをつけたい」と述べ、自身が率いる石破派の会長を辞任する意向を明らかにしました。そして、22日午後、開かれる派閥の会合で、こうした考えを表明するとしています。ただ、石破氏は、派閥には引き続きとどまる考えで後任の会長については、所属議員の意見を聞きたいとしています。

石破氏は、衆議院鳥取1区選出の当選11回で、63歳。自民党総裁選挙には先月の総裁選挙を含めこれまでに4回、立候補しています。5年前の平成27年9月に、当時の安倍総理大臣の後継を目指したいとして、石破派を立ち上げ、設立当初からみずから会長を務めてきました。

石破派には、現在、19人の議員が所属し、党内に7つある派閥のうち6番目の勢力です。