貨物列車にはねられ母娘死亡 踏切に警報機と遮断機なし 山口

貨物列車にはねられ母娘死亡 踏切に警報機と遮断機なし 山口
18日、山口県光市のJR山陽本線の踏切で、高齢の母親と娘が貨物列車にはねられて死亡しました。現場は警報機と遮断機がない踏切で、警察は詳しい事故の状況を調べています。
18日午後3時半ごろ、山口県光市島田にあるJR山陽本線の踏切で、歩いて横断していたとみられる2人が貨物列車にはねられました。

警察によりますと、はねられたのは近くに住む森千賀子さん(83)と娘の千恵美さん(59)で、いずれもその場で死亡が確認されました。

現場は、田んぼや畑に囲まれたところにある警報機や遮断機のない幅1.5メートルほどの踏切で、警察によりますと、2人は散歩の途中で踏切を渡っていたと見られるということです。

列車の運転士は「警笛を鳴らし、非常ブレーキをかけたが間に合わなかった」などと話しているということで、警察は事故の詳しい状況を調べています。

また、国の運輸安全委員会も19日、鉄道事故調査官2人を現地に派遣し、事故原因を調べることにしています。