アフガニスタンで爆弾テロ 12人死亡100人以上けが

アフガニスタンで爆弾テロ 12人死亡100人以上けが
アフガニスタン中部にある警察本部の近くで爆発物を積んだ車が爆発し、これまでに12人が死亡し、100人以上がけがをしました。
アフガニスタンでは、政府と反政府武装勢力タリバンが先月から停戦に向けた協議を進めていますが、各地でテロなどが相次ぎ、治安の悪化に歯止めがかからない状態が続いています。

アフガニスタン内務省によりますと、18日午前、中部ゴール州にある警察本部の建物の近くで、爆発物を積んだ車が突然、爆発しました。

この爆発で、近くにいた市民が巻き込まれ、これまでに少なくとも12人が死亡し、100人以上がけがをして病院で手当てを受けています。

これまでのところ犯行声明は出ていませんが、現場近くには警察本部のほか政府の庁舎などもあることから、当局は政府機関をねらった爆弾テロ事件として捜査を進めています。

アフガニスタンでは、政府と反政府武装勢力タリバンが先月から停戦に向けた協議を進めていますが、各地で戦闘が依然として続いているほか、過激派組織IS=イスラミックステートなどによるテロや攻撃も相次いでいて、治安の悪化に歯止めがかかっていません。