住宅1棟が全焼 2人死亡 86歳女性と58歳の息子か 愛知 大口町

住宅1棟が全焼 2人死亡 86歳女性と58歳の息子か 愛知 大口町
k10012669131_202010181003_202010181004.mp4
18日未明、愛知県大口町で住宅1棟が全焼する火事があり、焼け跡から2人が遺体で見つかりました。火事のあとこの家に住む親子と連絡が取れなくなっていて、警察は、亡くなったのはこの2人とみて確認を進めています。
18日午前1時20分ごろ、愛知県大口町城屋敷で「住宅から火の手が上がっている」と近所に住む男性から消防に通報がありました。

消防車など8台が出て火はおよそ2時間後に消し止められましたが、この火事で木造平屋建ての住宅1棟が全焼しました。

警察によりますと、焼け跡から性別の分からない2人の遺体が見つかったということです。

この住宅には86歳の女性と58歳の息子が2人で暮らしていて、火事のあと2人と連絡が取れなくなっているということです。このため警察は、亡くなったのはこの2人とみて身元の確認を進めています。

現場は名鉄犬山線の柏森駅から南東におよそ1.5キロほどの住宅街です。