仏 教員殺害 容疑者が“風刺画めぐり事件”うかがわせる投稿

仏 教員殺害 容疑者が“風刺画めぐり事件”うかがわせる投稿
フランスのパリ近郊で男性教員が刃物で襲われ殺害された事件で、検察は事件の直後に射殺された容疑者の男が、イスラム教の預言者の風刺画をめぐって事件を起こしたことをうかがわせる文章をツイッターに投稿していたことを明らかにしました。
パリ近郊で16日夕方、中学校教員の男性が勤務する学校の近くで刃物で首を切られて殺害されているのが見つかり、近くにいた男が駆けつけた警察官を刃物で襲おうとして射殺されました。

検察は射殺されたロシア出身のチェチェン系の18歳の男が事件を起こしたとみてテロの疑いで調べていて、17日の会見で、容疑者の男が事件の直後、ツイッターに文章などを投稿していたと発表しました。

投稿には、男性教員の遺体の写真とともに「ムハンマドをおとしめた犬を始末した」などと、イスラム教の預言者ムハンマドの風刺画をめぐって事件を起こしたことをうかがわせる文章があったということです。

亡くなった男性教員は今月、表現の自由について教える授業でムハンマドの風刺画を生徒に見せていて、これに反発した一部の保護者がSNS上で男性教員を非難する内容を投稿したということです。

検察は、容疑者の男がこうした投稿を見て襲撃を計画した可能性もあるとみて、男の家族のほか、SNSで男性教員を非難した保護者など9人の身柄を拘束し、詳しく調べています。