大リーグ 優勝決定シリーズ アストロズ勝ち 3勝3敗に

大リーグ 優勝決定シリーズ アストロズ勝ち 3勝3敗に
大リーグ、アメリカンリーグのリーグ優勝決定シリーズは16日、カリフォルニア州のサンディエゴで第6戦が行われ、アストロズがレイズに7対4で勝ちました。対戦成績は3勝3敗となり、決着は第7戦に持ち込まれました。
アストロズは1点を追う5回、スプリンガー選手の2点タイムリーヒットで逆転し、さらにアルトゥーベ選手のタイムリーツーベースなどでこの回、4点をあげました。

アストロズは、この後も得点を重ねリードを広げました。

レイズは、マルゴー選手の2打席連続ホームランで3点差に追い上げましたが及ばず、アストロズが7対4で勝ちました。

レイズの筒香嘉智選手は、9回1アウトから代打で出場してライト前ヒットを打ち、第4戦に続くヒットとなりました。

アストロズは、3連敗のあとの3連勝で対戦成績は3勝3敗となり、ワールドシリーズ進出のゆくえは17日の第7戦に持ち込まれました。

ナショナルリーグ ドジャースが勝ち2勝3敗に

一方、ナショナルリーグはテキサス州のアーリントンで第5戦が行われ、ドジャースは1点を追う6回、スミス選手のスリーランで逆転し、7回にはシーガー選手のこの試合2本目のホームランとなるツーランなどで3点を加えました。

ドジャースは、このあとブレーブスの反撃を1点に抑えて7対3で勝ち、対戦成績を2勝3敗としました。