東海大 硬式野球部 無期限活動停止 部員「大麻を使った」

東海大 硬式野球部 無期限活動停止 部員「大麻を使った」
k10012668161_202010171920_202010171953.mp4
東海大学は、硬式野球部の複数の部員が大麻とみられる薬物を使用したとして、硬式野球部の活動を無期限の停止とする処分を発表しました。
東海大学は、17日午後1時すぎから会見しました。

それによりますと、今月9日、大学に電話で「硬式野球部の部員が大麻を使用している疑いがある」と通報があり、学内に調査委員会を設けて調べた結果、16日までに硬式野球部の複数の部員が神奈川県平塚市にある野球部の寮で、大麻とみられる薬物を使用したことが確認されたということです。

一部の部員は大学の調査に対して「興味本位で大麻を使った」と話していて、警察からすでに事情を聞かれ、16日に、寮の捜索も受けたということです。

今回の事態を受けて大学は、硬式野球部について無期限の活動停止とする処分を決めました。このため加盟する首都大学野球の秋のリーグ戦は、残り試合の出場を辞退しました。

東海大学の山田清志学長は「すべての皆様の信頼を裏切ることになり、心よりおわび申し上げます。継続する警察の捜査に協力するとともに、大学でも調査をし全容を解明したい」と述べました。

巨人の原監督 菅野投手などを輩出

東海大学の硬式野球部は、昭和39年の創部で神奈川県平塚市に練習の拠点があります。

大学野球の日本一を決める全日本大学選手権でこれまで4回の優勝を果たしているほか、首都大学野球では加盟校で最も多い73回の優勝をするなど強豪として知られています。

またプロ野球、巨人の原辰徳監督や菅野智之投手など多くの選手を輩出しています。

大学運動部での大麻使用 ことしは2件

大学運動部の部員による大麻の使用はことしに入って2件確認されています。

1月には日本大学ラグビー部の部員が東京 渋谷区の路上で大麻を所持していたとして大麻取締法違反の疑いで逮捕され、ラグビー部の寮に捜索が入りました。

これを受けてラグビー部は活動を一時に停止しました。

また今月5日には、近畿大学がサッカー部の男子部員5人が大麻を使用していたと発表しました。

部員の1人は、ツイッターで知り合った人物から大麻を購入してチームメート3人と使用したと話しているほか、残る1人はナイトクラブで知り合った男性から大麻をもらったとということです。

大学は警察に連絡するとともに、調査チームを立ち上げて詳しいいきさつを調べています。

またサッカー部は無期限の活動停止となり、現在行われているリーグ戦の出場を辞退しました。