プーチン大統領 米との核軍縮条約 無条件で1年延長を提案へ

プーチン大統領 米との核軍縮条約 無条件で1年延長を提案へ
ロシアのプーチン大統領は、来年2月に失効の期限が迫るアメリカとの核軍縮条約について、無条件で1年延長するよう提案する方針を示しました。
アメリカとロシアは、来年2月に失効の期限が迫る核軍縮条約、「新START」の延長をめぐり交渉を続けていますが、アメリカ側が、現在の条約で対象となっていない戦術核も含む新たな枠組みを求めているのに対して、ロシア側は難色を示し、協議は難航しています。

これについて、プーチン大統領は16日、オンラインで安全保障会議を開き、「もし、この条約が完全になくなり、別の条約に置き換えることもできなくなれば、非常に残念なことだ」と述べ、危機感を示しました。

そのうえで「今の条約を無条件で1年間延長することを提案したい」と述べ、アメリカ側に提案するよう、ラブロフ外相に指示しました。

「新START」の延長をめぐっては、アメリカのポンペイオ国務長官が早期の合意を目指す考えを示しています。

ロシアとしては、軍拡競争を避けるため、アメリカとの間に唯一残された核軍縮の枠組みである「新START」を存続させたいものの、大統領選挙を控えたトランプ政権の提案には、直ちに同意せず、まずは現在の条約を1年間延長したうえで、妥協点を探るねらいがあるものと見られます。

米 大統領補佐官「受け入れられない」

一方、アメリカのトランプ政権で安全保障問題を担当するオブライエン大統領補佐官は16日、ツイッターに「アメリカはすべての核弾頭について上限を設けることを条件に新STARTの1年間延長を提案した。ロシア側がこの提案を受け入れると信じていた」として、アメリカ側から現在の条約の対象外のものを含めすべての核弾頭の数を制限することを条件に条約の延長を提案していたと投稿しました。

そのうえで、「核弾頭の凍結なしに新STARTを延長するというプーチン大統領の反応は受け入れられない。軍拡競争となる前にロシアが再考することを期待したい」などとして、無条件で条約を延長するとしたロシア側の方針は受け入れられないという考えを示しました。