東京外国為替市場 円相場 小幅な値動き

東京外国為替市場 円相場 小幅な値動き
15日の東京外国為替市場、円相場は小幅な値動きでした。
午後5時時点の円相場は14日と比べて22銭円高ドル安の1ドル=105円21銭から22銭でした。

ユーロに対しては14日と比べて31銭円高ユーロ安の1ユーロ=123円48銭から52銭でした。

ユーロはドルに対して1ユーロ=1.1736から38ドルでした。

市場関係者は「アメリカで追加の経済対策の早期の合意が難しいという見通しが広がったことや、新型コロナウイルスの感染拡大でフランスで夜間の外出を禁止する措置が発表されたことなどを受けて円を買う動きが出た。投資家は日本時間の15日夜発表されるアメリカの失業保険の申請件数や製造業の景況感を示す指数にも注目している」と話しています。