プロ野球 ソフトバンクが首位攻防戦でロッテに快勝

プロ野球 ソフトバンクが首位攻防戦でロッテに快勝
プロ野球は、雨のため楽天対西武の試合がノーゲームとなり、デーゲーム4試合とナイトゲーム1試合が行われました。パ・リーグの首位攻防戦は首位のソフトバンクが2位のロッテに勝ち、1ゲーム差としました。
パ・リーグです。

▼ソフトバンク対ロッテは、ソフトバンクが5対1で勝ちました。
ソフトバンクは2回、松田宣浩選手のタイムリーツーベースと栗原選手の14号ツーランで3点を先制し、その後も柳田選手のタイムリーヒットなどで得点を重ねました。
先発の東浜投手は8回1失点の好投で7勝目。ソフトバンクは引き分けを挟んでの連敗が3で止まりました。
ロッテは、先発の中村稔弥投手が2回3失点と粘れませんでした。

▼日本ハム対オリックスは、日本ハムが4対0で勝ちました。
日本ハムは2回、渡邉選手の6号ソロホームランで先制し、6回に平沼選手のタイムリーツーベースと中田選手のタイムリーヒットで2点を追加しました。
先発の有原投手は今シーズン初完封で6勝目。
オリックスは打線が6回3失点の山岡投手を援護できませんでした。

▼楽天対西武は、雨のため3回ウラ終了後にノーゲームとなりました。

セ・リーグです。

▼中日対巨人は、巨人が7対1で勝ちました。
巨人は2回、ウィーラー選手のタイムリーツーベースで先制し、5回に松原選手と坂本選手の連続2点タイムリーで4点を追加しました。
先発の畠投手は7回無失点の好投で3勝目をあげました。
巨人は優勝へのマジックナンバーを12としました。
中日は序盤のチャンスを生かせませんでした。

▼阪神対DeNAは、DeNAが5対3で勝ちました。
DeNAは3対3で迎えた6回、ソト選手の2打席連続ホームランとなる21号ソロで勝ち越し、7回にはオースティン選手のタイムリーヒットで追加点をあげました。
3人目のルーキー、伊勢投手が2回無失点でプロ初勝利をあげました。
阪神は2回、ノーアウト満塁のチャンスを生かせなかったことが響きました。

▼広島対ヤクルトは広島が3対0で勝ちました。
広島は1回、松山選手のタイムリーで先制し、5回にはドラフト2位ルーキーの宇草選手の2点タイムリーで追加点をあげました。
先発したドラフト1位ルーキーの森下投手が6回無失点で8勝目をあげました。
ヤクルトは1回、ノーアウト満塁のチャンスを逃しました。