北海道 十勝岳の山頂付近に雪 中腹では紅葉見頃

北海道 十勝岳の山頂付近に雪 中腹では紅葉見頃
k10012656851_202010092122_202010092123.mp4
9日朝、北海道では今シーズン初めて氷点下まで気温が下がり、大雪山系の十勝岳では山頂付近に雪が積もる一方、中腹では紅葉が見頃を迎えていて、雄大な自然の景色が見られました。
9日、ヘリコプターから撮影した、北海道の大雪山系です。

旭岳など北海道を代表する山が連なっています。

標高2077メートルの十勝岳の噴煙が勢いよく吹き出る山頂付近は、一面、白い雪に覆われています。

9日朝の北海道は広い範囲でこの秋一番の冷え込みとなり、十勝岳のふもとの富良野市麓郷でマイナス0.2度を観測するなど、北海道で今シーズン初めて氷点下まで気温が下がりました。

雪化粧した山頂付近とは対照的に、十勝岳の中腹ではカエデやミズナラが赤や黄色に色づき見頃を迎えています。

今、十勝岳は秋と冬を同時に楽しめます。