台風14号 9日以降に西~東日本に近づく予想 大雨に警戒を

台風14号 9日以降に西~東日本に近づく予想 大雨に警戒を
強い台風14号は、西日本の南の海上を北北東へ進んでいて、9日以降、西日本や東日本に近づくと予想されています。台風が接近する前から前線の活動が活発になって西日本や東日本で大雨になるおそれがあり、警戒が必要です。
気象庁によりますと、強い台風14号は午後11時には鹿児島県の種子島の東南東250キロの海上を1時間におよそ15キロの速さで北北東へ進んでいるとみられます。

中心の気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルで、中心の北側220キロ以内と南側165キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

本州の南にのびる前線の影響で本州の広い範囲で雨が降り、西日本を中心に風も強まっています。

午後5時半すぎには伊豆諸島の八丈島で、30.5メートルの最大瞬間風速を観測しました。

台風は発達しながら北上し、9日以降は西日本に、10日以降は東日本に近づく見込みです。

風と波の予想は

海上を中心に風が強まり、9日にかけての最大風速は、九州南部と四国で25メートル、奄美地方と伊豆諸島で23メートル、東海で22メートル、九州北部と近畿で20メートルで、最大瞬間風速は、30メートルから35メートルと予想されています。

10日はさらに風が強まり、四国、近畿、東海、伊豆諸島で最大風速が25メートルから29メートル、最大瞬間風速は35メートルから45メートル、九州北部と関東で、最大風速が20メートルから24メートル、最大瞬間風速は25メートルから35メートルと予想されています。

波も高くなり、9日にかけては、九州南部で10メートル、奄美と四国で9メートルの猛烈なしけが予想されているほか九州北部で8メートル、近畿と東海で7メートルの大しけになる見込みです。

10日は、東海や近畿、四国で猛烈なしけとなるほか、伊豆諸島などで大しけとなる見込みです。

接近前の大雨にも警戒を

前線の活動が活発になるため、西日本や東日本では、台風接近前から激しい雨が降って大雨になる見込みです。

9日夜遅くまでの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、
▽近畿と東海で250ミリ、
▽四国と伊豆諸島で200ミリと予想され、
その後、10日夜遅くまでの24時間には
▽東海で300ミリから500ミリ、
▽近畿で300ミリから400ミリ、
▽四国と伊豆諸島で200ミリから300ミリ、
▽関東甲信で100ミリから200ミリと予想されています。

気象庁は、最新の台風の情報に注意して早めに備えを進めるとともに、暴風や高波、それに大雨による土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に警戒するよう呼びかけています。

進路はより「内回り」に 速度などはまだ不確定

台風の進路の予報は、7日に比べると本州の南岸を内回りに進む見込みとなり、次第に絞り込まれてきました。

ただ、9日以降の速さなどの予報にはまだ幅があるため、気象庁は最新の情報に注意してほしいと呼びかけています。

7日午後の気象庁の進路予報では、鹿児島県の奄美地方に向かって北西に進んだあと、本州の南岸を移動する予報となっていました。

一方、8日午後の予報では、奄美地方にはあまり近づかずに北上を続け、9日には北東に進路を変える予報になっていて、進路はより「内回り」になっています。

この背景について気象庁は、台風を挟むように東西にある2つの高気圧が影響した可能性があると指摘しています。

7日と8日の進路図を比較すると、日曜午後の予報円はやや小さくなった一方、進路が半日程度早くなったように見えます。

気象庁によりますと、台風が北上するタイミングが早まったことで、九州の東の海上を進む9日の午後以降、上空を流れる風の影響を受け、次第に速度を上げる予想になったということです。

しかし、どの段階で速度を上げていくかはまだ不確定で、進路にも影響が出る可能性があるため、9日以降の予報に注意してほしいと呼びかけています。

また、速度を上げた状態で関東や東海に近づく場合、勢力があまり落ちないことも予想されることから、急激に雨や風が強まるおそれもあるとしています。