東証 宮原社長が記者会見でトラブルについて説明へ

東証 宮原社長が記者会見でトラブルについて説明へ
東京証券取引所のすべての銘柄の取り引きが終日停止されたシステムトラブルについて、東証は、1日午後4時半から宮原幸一郎社長らが記者会見して、現時点で把握できた原因や2日以降の対応などについて説明することになりました。
また東京証券取引所は、ホームページで「現在、ハードウエアについては交換を予定しており、メンテナンスなどを含めて2日以降、正常な売買ができるよう対応を行っている」というコメントを出しました。