自民 杉田水脈衆院議員 「女性はうそをつける」発言認め陳謝

自民 杉田水脈衆院議員 「女性はうそをつける」発言認め陳謝
性犯罪などをめぐって自民党の杉田水脈衆議院議員が「女性はいくらでもうそをつける」と発言したとされる問題で、杉田氏はみずからのブログを更新し、発言を認めて陳謝しました。
自民党の杉田水脈衆議院議員は、先週開かれた党の会合で、性犯罪などをめぐって、「女性はいくらでもうそをつける」と発言したとされましたが、これまで杉田氏本人は否定していました。

こうした中、杉田氏は、1日午後、みずからのブログを更新し、「改めて当時の私の発言を精査したところ、指摘されている発言があったことを確認した。事実と違っていたことをおわびする」として、発言を認めました。
そのうえで、「女性を蔑視する意図はまったくない。女性であれ、男性であれ、暴力や性犯罪は、さまざまな方法で撲滅していくべきだと考えている。ただ、指摘されている発言で、女性のみがうそをつくかのような印象を与え、不快な思いをさせてしまった方にはおわび申し上げる」と陳謝しました。

この問題をめぐっては、下村政務調査会長が30日、発言の真意が正確に伝わるよう丁寧な説明が必要だとして、杉田氏を口頭で注意しています。

「うそをついていたということ」立民 安住国対委員長

立憲民主党の安住国会対策委員長は、記者団に対し「うそをついていたということだ。性犯罪の被害者に対する侮辱的な発言について、当初は『言っていない』と言いきょうになって認めるのは、国会議員としての資質が問われる。所属している自民党は、杉田議員をそのまま党の議員として置いておくのか」と述べました。

加藤官房長官「コメント控えるが説明必要」

加藤官房長官は、午後の記者会見で、「政府として、一人ひとりの議員の対応について、コメントするのは差し控えたいが、私自身、議員という立場で申し上げるならば、政治家は、自分の言動に対して責任を持ち、説明を行っていく必要があると思う」と述べました。

また、記者団が「自民党総裁である菅総理大臣から、党に対して処分の指示が出ているのか」と質問したのに対し、加藤官房長官は、「党の中の話なので、把握していない」と述べました。

共産 志位委員長「議員を辞める以外に解決方法ない」

共産党の志位委員長は、記者会見で「自民党は、杉田議員に『真意がよく伝わるように』と注意したというが、真意がよく伝わったから大問題になった。発言を撤回をして、謝罪をして、議員を辞める以外に解決方法はない。事実上、発言を不問に付すようなやり方をすれば、自民党も共同責任が問われ、同罪になる」と述べました。