自己都合退職の失業手当 2か月後から支給へ 1日から運用改める

自己都合退職の失業手当 2か月後から支給へ 1日から運用改める
転職などの自己都合で退職した場合に、失業手当が退職の3か月後から支給される制限が設けられてきましたが、厚生労働省は退職の2か月後から支給されるよう、1日から運用を改めます。厚生労働省は安心して転職の活動を行うことができるよう環境を整えたいとしています。
雇用保険の失業手当は解雇などで仕事を失った場合は申請の1週間後から支給されますが、転職などの自己都合で退職した時はハローワークに離職票を提出し、その3か月後から支給される制限が設けられています。

厚生労働省はこの給付制限を安易な退職を防ぐために行ってきましたが、当面の生活費を確保しないと転職ができないなどという声が出ていて対応を検討してきました。

その結果、これまでより1か月早い退職の2か月後から失業手当が支給されるように1日から運用を改めます。

対象は1日以降に自己都合で退職した人で、厚生労働省は安心して転職の活動を行うことができるよう環境を整えたいとしています。

また退職後2か月から失業手当を受け取ることができるのは、5年間で2回の退職までだということです。

厚生労働省は2年後をめどに転職活動などにどのような影響があるのか検証し、対応を検討することにしています。