自民 下村政調会長 発言問題で杉田水脈議員を口頭注意

自民 下村政調会長 発言問題で杉田水脈議員を口頭注意
性犯罪などをめぐって、自民党の杉田水脈衆議院議員が「女性はいくらでもうそをつける」と発言したとされる問題について、下村政務調査会長は杉田氏に対し、発言の真意が正確に伝わるよう丁寧な説明が必要だとして口頭で注意しました。
自民党の杉田水脈衆議院議員は、先週開かれた党の会合で、性犯罪などをめぐって「女性はいくらでもうそをつける」と発言したとされていますが、杉田氏本人は否定しています。

これについて下村政務調査会長が30日午後、党本部で杉田氏本人から事情を聴きました。

この中で杉田氏が「女性の蔑視を意図した発言はしていない」と説明したのに対し、下村氏は「一連の報道を招いたことは、今後の自由かったつな議論を萎縮させかねず、発言の真意が正確に伝わるよう、より丁寧に説明することが必要だ」と述べ、口頭で注意しました。

このあと、杉田氏は記者団に対し「『丁寧に、より真意が伝わる説明をするように』と注意を受けたので、今後はブログでしっかり書いていきたい」と述べ、その後の記者団からの質問には応じませんでした。
また下村氏は記者団に対し「発言があったとされる党の会合の責任者から、きのう事情を聴いたが、会議は基本的には非公開で公にしないルールのもとでやっている。納得できるような説明をする手段は、杉田氏が判断することだ」と述べました。

自民 石破元幹事長「党としての説明も必要」

自民党の石破元幹事長は、東京都内で記者団に対し「どういう状況で発言したか分からないので論評は避けなければならないが、報道で知るかぎりは、女性の真摯(しんし)な思いを傷つけるものだ。杉田氏は衆議院比例代表の選出であり、自民党として投票をお願いしたからには、本人の説明だけでなく、党としての説明も必要だ」と述べました。

立民 枝野代表「発言は論外」

立憲民主党の枝野代表は、記者会見で「杉田議員の発言は、率直に言って論外だ。衆議院の比例代表の単独候補として当選した議員であり、杉田氏を公認し、こうした発言を容認している自民党の在り方が問われている」と述べました。

国民 玉木代表「国会議員の資格ない」

国民民主党の玉木代表は、記者会見で「発言によって悲しみ、つらい思いをする人に想像力が及ばないということであれば、国会議員の資格はない。許しがたい行為だし、自民党の比例単独の候補として当選された方だから、自民党として、しかるべき処分をすべきだ」と述べました。